Calendar
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
「良書との出会い」をおすそわけ…

内的コントロールのフィルターを通して
ピン!ときたフレーズや
インスパイアされた情報を記しています
Profile
Comment
Mobile
qrcode
Search
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
『ひとり上手な結婚』
小説家の山本文緒さん(通称:ふみふみ)と
漫画家の伊藤理佐さん(通称:りさりさ)が、
一般の方からのお悩み(というかネタ提供)に対して
自らの結婚生活を語り(暴露?)ながら綴られているエッセイ風 結婚の書。

いやぁ・・・

これ程小気味よく、
読んでいる最中も読み終わっても、爽快な本は久しぶりかも

本当の物書きの先生(失礼が書かれる文章というのは
テンポも歯切れも分かりやすさも、こんなにも違うのかと思わされました。
(最近はビジネス本や心理学系の本を読むことが多かったから尚更ね…)


本書で扱われているのは、
【ひとり欲】【おさいふ】【ペット】【指輪】
【子ども】【嫉妬】【実家】【情熱】・・・等々、
結婚におけるささいな(でも気になる)領域、19のチャプター。

本当に赤裸々にお二人がぶっちゃけているんですが
どのお話についてもさわやかさを感じたのは、
この二組の結婚には
尊敬とユーモアがあるから
 だと思います。

尊敬とユーモアの重要性についてはこちらをどうぞ。
【幸せな結婚に必要なもの】


ともすれば諍いになりそうな自分と夫との違いを理解しつつ、
しかしそれについてお互いをコントロールしようせず、
どうすれば穏やかに、楽しく、笑って暮らせるのかを考えている…。
(すみません、偉そうに・・・

帯にあった「ひとりで生きられるから、ふたりでも暮らせる」というコピーが、
いつも私がカウンセリングでお伝えしていることともピッタリ


巻末に、著者お二人&漫画家のけらえいこさんの
三人トークが載っているのですが、そこでけらさんが

幸せな話っていうのは絶対に必要。
でも、幸せな人がそれを書くのと不幸な人が書くのとではエネルギーが別
この本には幸せのエネルギーがたくさん詰まってる

と言われていたのがとっても印象的でした。
(そそ…つまりこの本、けっこうお二人ののろけが入っているんです

でも、幸せな人が書く幸せな話って(しかも面白くないちゃね…)
実はそんなにないのかも・・・
(成功した人の成功するための本、とかは一杯あるけど…


恋愛や結婚生活で息詰っている
ほんわか&スカッとしたい人にはお薦めです!

| 恋愛・結婚 | comments(0) |
スポンサーサイト
| - | - |









Material by Night on the Planet
Template by NoIndex