Calendar
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
「良書との出会い」をおすそわけ…

内的コントロールのフィルターを通して
ピン!ときたフレーズや
インスパイアされた情報を記しています
Profile
Comment
Mobile
qrcode
Search
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
『君を幸せにする会社』
何年も前からグラッサー博士が伝えている
リードマネジメントに至る必要性が分かりやすく書かれている本、
「ビジネス界の潮流は“こちら”に向かっているんだわ…右斜め上るんるん
と思わせてくれる一冊です。

お話は、NHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀」で
第一回目にスポットを浴びた星野リゾートの星野佳路さんを彷彿させる
「クマの湯ホテル&リゾート」の二代目クマ太郎が、
その業績悪化の状態を回復するべく、四苦八苦しながら
働くことの真理に気づいて行く・・・という小説仕立て。

(星野さんもこの本にかかわっていたみたいです。
 謝辞にお名前がありました)


利益の追求をしている企業が手を出しやすい(?)
スタンダードな対処法、その結果もたらされたトラブル、
そして、その中での気付き、変化、模索、改善・・・

リードマネジメントの原点ってどういうものかを
誰にでも分かるように書いてある「絵本のような」本です。
(本当に絵がある訳ではありませんよ・・汗

お話の流れに沿って
いくつか印象に残ったところを抜粋してみます。

まず、業績回復の対症療法として、クマ太郎が手を出したこと。
1)営業ノルマ強化どんっ&達成できない社員の減給処分お金下向き
2)お客様心理をコントロールする過大広告爆弾
3)リストラハサミ

結果的には、
社員は強引な営業をするようになり取引先からのクレームが増え(←1)
お客さんは一時的には増えたものの、
事実と違う実際を体験して口コミやブログなどでの批判が殺到(←2)。
先代が絶対にしないと決めていたリストラの断行にいたっては、
残った社員の不安感をあおり、モチベーションは一気に下降...という始末。


そして「これではいけない」と次に挑んだことは、
「もっとお客様を幸せにする」という考え方のもと
4)社員を動機づけるために「お客様第一主義」を熱く語りパンチ
5)お客様からの評価に重きをおいた人事評価制度鉛筆2に変え
6)お客様を感動させるラブサービスをする

一見よさそうに見えるこれらのアイデアも、
実は本質の部分ではうまくいかないものとなりました。

社員からは、
お客様よりまずは社員を幸せにしてほしい、(←4)
評価対象になっているからやっているだけ、(←5)
社長もお客様を利用している偽善者だむかっ と言われ、
お客さんからは、わざとらしい演出やサービスへの
ダメだしを喰らってしまいます...ショック


通常、私たちは、
外的コントロールと内的コントロールの違いを知りません。

特にマネジメントにおいては
多くの人は外的コントロールの立場しかしらないので、
その中の「よさそうな方法」を選ぶしかないのです。


その証拠として、相手に対して
「〜させる」「〜してあげる」「〜のようにもっていく」
などの言葉がマネジメントの現場で横行していますし、
どうにかして(外側から刺激を与えて)やる気をださせようと試みます。

相手を変えさせる(コントロールする)という立場から使われれば、
「リーダーシップ」も「クレド」も「サプライズ」も「笑顔」さえも、
(継続的に)人の喜びを生み出すことにはなりません。

小説仕立てで書かれているので、
本の後半に至る内容を記載するのは遠慮したい危険と思いますが、
この本も、その外的コントロールの部分から
内的コントロールの重要性に気づく変化に触れています。
その葛藤こそがビジネスの真髄・・・という感じです。

選択理論で説明すると、もっとスッキリするとは思いますが、
リードマネジメント初心者(失礼あせあせ)や
難しい言葉を用いずに、幸せな仕事(働き方)を学びたい方には
お薦めの本です。

| ビジネス | comments(0) |
スポンサーサイト
| - | - |









Material by Night on the Planet
Template by NoIndex